マンション査定ならこの2社

最近、マンションの一括査定をネットで受けられるサイトが増えています。そうした一括査定サイトの中でもマンションの査定に特におすすめなのが、マンションナビとイエイの2つです。ここではこのマンションナビとイエイ、それぞれの特徴とメリットを紹介します。

 

マンションナビのメリット

マンションナビは名前の通り、マンションの査定に特化したサイトです。そのため、特にマンションの査定の見積もりに関してはイエイ以上に強いといえます。

 

売却だけでなく賃貸の見積もりもできる

マンションナビはただ売却の見積もりをするだけではなく、賃貸の見積もりもできます。つまり、今自分が持っている物件を賃貸に回したら、どれくらいの賃料が取れるのか、ということも知れるわけです。

 

マンションの使い方は売却だけとは限りません。賃貸で利益を出せるなら出したい、と思っている方も多いでしょう。そうした方には特にマンションナビがおすすめと言えます。

 

全国のマンションから、自分のマンションを選んで簡易査定

マンションナビには全国のマンションがマップ上で登録されていて、自分のマンションをクリックするだけで、簡易査定価格を知ることができます。これはマンションに特化したマンションナビならではの機能と言えるでしょう。

 

万が一自分のマンションが登録されていなかった場合も、住所、最寄り駅、築年数という簡単な情報を入力するだけで、簡易査定をすることができます。

 

査定方法は「事例比較方式」で査定されます。要は同じような取引事例を選んで比較評価するというものです。

 

 

300の不動産会社から見積もりが取れる

もちろん、もっと正しい査定価格を知りたい場合には正式に一括見積もりをすれば、参加している300社の不動産会社から見積もりが届き、それを選ぶことができるのです(もちろん300も一斉に来たら大変なので、数は調節してもらえます)。

 

イエイの一括見積もりのメリット

マンションナビに対してイエイは「不動産全般」を手がける一括査定サイトです。なので、マンション以外の中古住宅や土地といった物件を売却したい時には、イエイの方がいいでしょう(マンションナビではそもそも扱っていないので)。

 

逆にいえば、マンションの場合はそれに特化しているマンションナビの方が強いということもできます。どちらでも売る人の自由ですが、それぞれの機能を比較していくと、どちらがいいかわかるでしょう。

 

イエイの自動見積もりシステム

イエイはサイトのトップに簡単な自動見積もりフォームを置いています。都道府県、住所、町名、物件の種類(マンションか戸建住宅かなど)を入れるだけで、簡単な査定価格を出してくれるというものです。

 

もちろん、これだけで正確な価格はわからないので、あくまでアバウトな価格ですが、それでも大体の価格だけすぐ知りたい、という方にとっては便利でしょう。

 

参加している不動産会社は700以上

イエイは不動産全般を扱っているという理由で参加している会社数が700以上と非常に多いです。ただ、すべての不動産会社がマンションの査定をしたがっているとは限らないので、マンション売却に関してはより密度が濃いのはマンションナビだと言っていいでしょう。

 

以上、それぞれのメリットを紹介しましたが、実際にサイトを見比べて役立つと思った方を利用していただけたらと思います。